プロ直伝!太陽光発電で得する方法 プロだからこそ知っているマルトク情報をお教えします。
  • クリーンエネルギー

    電力会社などが「メガソーラー発電」を2020年までの長期スパンで計画を立てている理由はもちろん、原子力発電の停止による電力不足の解消という意味合いもありますが、理由としてはもちけんそれだけではなく太陽光発電がクリーンエネルギーであるという事も大きな理由となっています。
    太陽光発電はその名前の通り、太陽の光をその発電のエネルギー元としていますので、火力発電と違い、CO2の排出がありません。
    これは水力や風力と同様に自然のエネルギーをエネルギー元としているのからこそのクリーンエネルギーといえます。
    例えば、電力会社などで構成をされている電気事業連合会が「メガソーラー発電」といて2020年までに目標としている14万KWの電力は火力発電と比べてCO2を約7万トンの排出軽減となるのです。
    これはCO2の削減を大きな課題している国としても、利益のある事です。
    こうしてメガソーラーを推進するという電力会社の背景が生まれたのです。
    更に現在の太陽光発電の発電効率は、こうしてメガソーラーが推進され増加していく事により、その発電効率を向上させる新しい技術革新が加速的に進んでいくことでしょう。
    そして現在はこのメガソーラーを設置するには莫大な設置費用や建設費用が必要となっていますが、発電効率と同様にメガソーラーの建設が増える事により、設置費用、建設費用ともに確実に割安になっていくと思われます。
    発電効率の向上と、建設に係る費用の軽減により、この先ますますメガソーラーの建設は加速されていく事でしょう。
    それは原子力発電の電力に頼る事の無い、新たなクリーンエネルギーとして太陽光発電は大きな期待が寄せられているからです。
    そして期待が寄せられているのは太陽光発電だけでなく、水力・風力・地熱なども同様ですし、技術革新によってバイオエネルギーなど新たなエネルギー元の開発なども期待がされているのです。
    これらに共通するものは、すべて「クリーンエネルギー」だという事です。
    それはこの先、どれだけCO2を削減し、エネルギーを得る事ができるか、これがこの国、そして世界にとって大きな課題となっているからです。