プロ直伝!太陽光発電で得する方法 プロだからこそ知っているマルトク情報をお教えします。
  • 東京が企業と共に取り組む太陽光発電の実例

    東京が太陽光を利用する技術を支援するという方式を打ち出し、それにより新たな技術を使った集合住宅が建築されています。
    それらに採用をされている技術をいくつか紹介していきたいと思います。
    ある集合住宅では、バルコニーの外壁に太陽光を採光し、そこから採取した太陽光により、それぞれの居住に完備されているタンクの水を温め、それぞれの家庭の給湯器に運ばれる事により、暖められたお湯を使う事ができています。
    またとある集合住宅では外壁そのものに太陽光を集積するパネルが使用されており、そのパネルにあたった太陽光を採取することによって、屋上タンクの中の水を温める事ができています。
    これらはいずれも太陽光を発電ではなく、太陽光の蓄熱を利用して給湯システムに係る電気代を抑える事ができています。
    現段階ではこうした太陽光による蓄熱というのがメインとなっていますが、この技術をいずれは太陽光発電の技術へと進化そして転化して行く事により、集合住宅のようなマンションでも太陽光発電を最大限に行う事ができるようになります。
    もちろん現在でも、東京だけでなく、日本全国の集合住宅ではこうした太陽光を採取して蓄熱をするという技術は発達をしていますので、国内でいくつもの集合住宅がこうした技術を採用しています。
    更に、このような太陽光を採取しての蓄熱と、太陽光自体で発電をする太陽光発電を併用しているという住宅も多く建設されてきています。
    屋上部分に太陽光発電のパネルを設置し、共用部分などの電気として利用、そして外壁などに太陽光を採取する蓄熱システムを採用し温水を貯蔵します。
    こうした取り組みにより、入居をする居住者に対して、共有部分の電気代の軽減、ご自宅の給湯器の温水の利用の電気代の削減などといったメリットが生まれているのです。
    東京の発信するこうした技術が、技術支援により更に技術が向上をすることにより、国内での太陽光発電の発展、更には太陽光を利用するという住宅の建て方などが進んでいくのです。