プロ直伝!太陽光発電で得する方法 プロだからこそ知っているマルトク情報をお教えします。
  • 天候からみる太陽光発電

    太陽光発電は天候に大きな影響を受けます。
    最も太陽光発電にとってよろしいのが天気がいいということです。
    しかし、天気につきましては、いつでも太陽光発電に適した天候になっているとは限りません。
    雨も降りますし曇りの時もあります。
    雪が降ることだってあるでしょう。
    そのように自然環境は様々に変化をしているのです。null
    太陽光発電は基本的に、天候に左右をされると理解しておく必要があります。
    例えば、今治市ですが実は太陽光発電に適しているといわれている地域になります。
    理由はいろいろと考えられるのですが、その一つとしまして天候がいい日が多いということがあります。
    日照時間も長いというような傾向にありまして、特にお勧めできるような存在になっているのです。
    気になった方はぜひそのような部分にも注目をいていきましょう。
    今治市は、雪などもほとんど降らないのも太陽光発電にはよろしいです。
    冬でも安定した発電量が期待できます。
    瀬戸内海の温暖で安定した気候というものは、太陽光発電にも向いているということがあるのです。
    そこで太陽光発電ですが、発電量を売電と比較してみるのもよろしいです。
    まず晴れている時ですが、1日の発電量ですべての電力を賄えることが一般的です。
    わずかながらプラスになることもあり得ます。
    一方で、曇りの日につきましては、昼間は売電量がしっかりと上回ってくるようになります。
    ただし、1日を通しますと買う電力のほうが大きくなります。
    そして雨の日です。
    雨の日は、発電量がかなり少なく1日中電力を買う必要があります。
    ただし、全く発電できないわけでもありません。
    少ないですが電力は発電していきます。
    以上のことからみると、やはり天候のいい今治市はお勧めであるということが見えてきます。