プロ直伝!太陽光発電で得する方法 プロだからこそ知っているマルトク情報をお教えします。
  • 東京が企業と共に取り組む太陽光発電の技術革新

    東京では太陽光発電の技術を更に高め、将来の「太陽光発電住宅」時代が到来する日に備え、太陽光利用に関する技術に優れた新技術を公募、採用をし、それらを利用するハウスメーカーなどの住宅供給社に対しての支援をすると助成事業を平成23年度から導入をしてきています。
    こうした取り組みは、東京が抱える住宅事情に大きく関わっており、東京都の中で特に都市中心分などでは戸建て住宅の割合に比べて、マンションのような集合住宅が多く占めているという事が背景にあります。
    戸建て住宅の場合は、自宅の屋根などに太陽光発電の設備を設置する事ができますが、マンションのような集合住宅の場合には、屋根にあたる屋上部分は共有資産となっている為、建築後に太陽光発電などを設置する場合には、全戸者の同意が必要となりますし、それらの工事費用は入居者の負担となることから既存の集合住宅についての太陽光発電の設置は現実問題として困難な課題となるのです。
    そうした事から、建設段階で太陽光を利用した発電を設置することにより、入居者に負担が係ることなく、更にはその建物自体が得る事が出来る太陽光による発電のメリットを入居者それぞれが共有する事ができるのです。
    こうした東京の都としての自治体の補助支援の取り組みにより、新たな太陽光発電の技術を使用した集合住宅が数々建設をされており、街を歩いていれば、気付かないうちに新たな太陽光発電の技術を採用しているマンションなどに出会っているのです。
    こうした取り組みは、東京から始まる事により、徐々に日本国内に広まっていく事だと思います。
    何しろ、集合住宅があるのは、東京だけでなく、北は北海道から南は沖縄まで、日本全国の都市だけでなく、地方都市にもたくさんあるからです。
    そうして東京で行われているこうした太陽光発電の新たなな技術を支援するという取組みは、日本全国に広がるだけでなく、更なる新たな技術、そして発電効率、更には太陽光の採光技術の開発へと発展をしていくのです。